業務案内

下水処理施設等の維持管理

し尿汲取り

advantage

強み

  • 多数の資格保有者
  • 長年の経験で培った技術力と知識
  • 環境分析室と連携した維持管理

policy

心がけ

  • 水質の向上を追求する姿勢
  • 緊急時の迅速対応
  • 地域住民への情報発信
下水処理施設等の維持管理

神岡衛生社は、飛騨市及び高山市からの委託を受けて、生活排水の処理に欠かせない、下水道、農業集落排水処理施設、し尿処理場を維持管理しています。
処理場まで汚水を流す管路やマンホールポンプも、下水道の重要な施設です。定期的にマンホールポンプの点検清掃も行っています。また、新しく埋設した管路内の状況を調べるためにカメラ調査を行っています。

  • 下水処理施設等の維持管理
  • 下水処理施設等の維持管理
  • 下水処理施設等の維持管理
下水処理施設等の維持管理

下水処理施設等

当社は飛騨市、高山市から委託を受け、下記施設を維持管理しています。

飛騨市

  • 神岡浄化センター処理方式:オキシデーションディッチ法

    神岡浄化センター
  • 高原川上流浄化センター処理方式:JARUS III型 嫌気濾床接触ばっ気方式

    高原川上流浄化センター
  • 吉田川浄化センター処理方式:JARUS XIV96型 連続流入間欠ばっ気方式

    吉田川浄化センター
  • 山田川浄化センター処理方式:オキシデーションディッチ法

    山田川浄化センター
  • 松ヶ瀬最終処分場 浸出液処理施設処理方式:LW-CA-B02 接触ばっ気凝集沈殿方式

    タイトル
  • 北吉城クリーンセンター処理方式:膜分離高負荷脱窒素処理方式+高度処理

    タイトル

高山市

  • 平湯浄化センター処理方式:嫌気・好気ろ床方式

    平湯浄化センター
  • 新平湯浄化センター処理方式:嫌気・好気ろ床方式

    新平湯浄化センター
  • 福地浄化センター処理方式:POD法

    福地浄化センター
  • 栃尾浄化センター処理方式:嫌気・好気ろ床方式

    栃尾浄化センター
  • 長倉浄化センター処理方式:担体流動方式

    長倉浄化センター
  • 見座浄化センター処理方式:JARUS XIV96型 連続流入間欠ばっ気方式

    見座浄化センター
  • 本郷浄化センター処理方式:オキシデーションディッチ法

    本郷浄化センター

汚泥処理

下水道施設では、汚水中の汚れが微生物によって処理され、増殖した微生物の一部の死骸が汚泥となります。たまった汚泥は処理施設へ運んで、焼却処分します。この汚泥は、ほとんど(約99~98%)が水分です。これをそのまま運ぶことは効率が悪いため、脱水処理や乾燥処理で減量化します。

脱水設備がない処理場では、脱水設備が搭載された車両が巡回して定期的に脱水処理を行っています。
当社は飛騨市、高山市からの委託を受け、下記の車両で汚泥処理を行っています。

汚泥脱水車

多重円盤式スクリュープレス方式の脱水機を搭載した車両です。処理場に横付けし、貯留槽の汚泥をポンプで脱水機に送り、薬品を加えて水分を絞り、脱水ケーキと呼ばれる状態にします。水分は85%以下になります。

水分98%の汚泥を85%の脱水ケーキにすると、汚泥の量は約10分の1になります。

汚泥脱水車

汚泥乾燥車

汚泥乾燥車

遠心脱水式の脱水機で汚泥を脱水した後、脱水ケーキを乾燥機に送り、ボイラの蒸気で加熱乾燥する設備を搭載した車両です。

乾燥後の汚泥の水分は60~70%まで減ります。
水分98%の汚泥を60%の乾燥汚泥にすると、汚泥の量は約20分の1になります。

マンホールポンプ

マンホールポンプは家庭から出る生活汚水を集めて下水処理場等へ送るポンプ設備です。

家庭からの排水は、公共マスから下水管を通って終末処理場にたどりつき、処理場できれいに浄化されて川に放流されます。
下水管は勾配により汚水を自然流下させますが、地形上どうしても低地から高地に汚水を上げなければならないところがあります。このような場合に中継ポンプ場を設置します。小規模な下水道では、マンホールの中に水中ポンプが入っており、制御盤が電柱に設置されています。

  • マンホールポンプ
  • マンホールポンプ
  • マンホールポンプ

ポンプもマンホールも小規模なものが多いので、ポンプに異常が発生すると最悪の場合汚水がマンホールから噴き出すことになります。ポンプの異常にはさまざまな原因がありますが、中でも多いのは、ポンプに異物が噛み込まれて水が上がらないという状態です。このような事態を防ぐため、定期的な点検・清掃を行っております。

下水道に異物を流さないようにお願いします

  • 中継ポンプ場

    中継ポンプ場

  • 連絡装置(パトライト付)

    連絡装置(パトライト付)

管路調査

下水道の管路工事が完成した後に、異常がないかどうかを、管の内部からカメラで調査します。
また、管路は定期的なメンテナンスや補修が必要です。この場合もカメラで管の内部を調査します。
管路調査

ページの先頭へ戻る