業務案内

浄化槽清掃・保守点検

浄化槽を使用される方には、法律で「清掃」・「点検」・「法定検査」の義務が課せられています。

し尿汲取り

advantage

強み

  • 長年の経験による知識と技術
  • 点検、清掃、法定検査の3業種が連携した浄化槽の管理
  • タブレットを使用した情報の共有と管理

policy

心がけ

  • 技術と知識を追求すること
  • 法に則った適正管理
  • 見えないところまできれいにする
浄化槽清掃

浄化槽の清掃は、溜まった汚泥を引抜き、内部を洗浄することにより、浄化槽の機能を回復するための重要な作業です。年1回(全ばっ気式は年2回)行います。

  • 浄化槽清掃
浄化槽清掃
浄化槽保守点検
浄化槽保守点検

浄化槽の保守点検は、浄化槽の機能を正常に保つため、水質を確認し各装置や汚泥を調整し消毒薬を補充するものです。
処理方式と大きさに応じて法律で点検回数が決められており、法令遵守の下、資格保有者が保守点検を行っております。
また、使用しているうちに、消耗品の交換や補修工事が必要になります。これらも保守点検の一環として行っています。

  • 浄化槽保守点検
  • 浄化槽保守点検

使用者の三大義務と使用上の注意

浄化槽は下水道と同等の能力を持つ生活排水処理施設です。
設置費用の安さ、設置工事期間の短さ、地震等の災害に対する耐久性など、下水道に比べてのメリットもたくさんあります。
この浄化槽の機能を適正に発揮するため、使用者に対して、法律で三つの義務が課せられています。

  • 1. 法定検査を受ける
  • 2. 保守点検を行う
  • 3. 清掃を行う(保守点検・清掃の記録は、3年間保管する義務があります。)

また使用上の注意が「浄化槽の使用に関する準則」に定められています。

  • し尿を洗い流す水の量は適正量とする
  • 殺虫剤、洗剤、防臭剤、油脂類、紙おむつ、衛生用品等で浄化槽の機能を妨げるものは流入させない
  • 電気設備のある浄化槽の電源を切らない
  • 浄化槽の上部、周辺に保守点検や清掃の邪魔になる構造物を作らない
  • 浄化槽の上に浄化槽の機能を妨げるような荷重をかけない
  • 通気口をふさがない

これらの注意を守って、きれいな水を川に返しましょう。
詳しくは以下のサイトをご参照ください。

排水処理施設の違いによるBOD処理量比較

水質の汚れ具合を表すのにBODという指標があります。これは、微生物が水中の有機物を酸化分解するのに必要な酸素量のことで、一般にBODの値が大きいほど、その水は汚れているといえます。

普通の生活をしている人が1日に排出するBODは、トイレで13g、雑排水(台所、風呂、洗濯などトイレ以外で使用する水)として27g、計40gとされています。

使用した水をきれいにする排水処理施設はいくつかありますが、100%処理するわけでもありません。
ここでは、方式ごとに、1日あたり、どれだけBODを処理せずに流してしまうかを比べてみます。

  • 単独浄化槽(トイレの排水のみを処理する浄化槽)は、BODを60%(7.8g)処理しますので、処理せずに流されるBODは32.2g(40g-7.8g)です。
  • 汲取りトイレの場合、トイレ分はし尿処理場で処理します。し尿処理場ではBODを90%(11.7g)処理しますので、処理せずに流されるBODは28.3g(40g-11.7g)です。
  • 合併浄化槽(トイレの排水も雑排水も処理する浄化槽)や下水道は、BODを90%(36g)処理しますので、処理せずに流されるBODは4g(40g-36g)です。
合併浄化槽と下水道処理施設のBOD比較

合併浄化槽と下水道処理施設のBOD比較

したがって、環境に与える負荷が大きい順に並べると、次のようになります。
単独浄化槽>汲取り>合併浄化槽=下水道
すなわち、合併浄化槽は、下水道と同等の恒久的な排水処理施設です。

岐阜県水再生施設認定制度について

合併浄化槽は下水道と同等の能力を持っています。合併浄化槽を使用するには適正な管理をしっかり行っていることが前提です。
岐阜県では、過去3年間の放流水透視度が30度以上確保され、きれいな水が放流されている浄化槽のうち、ブロワ停止時の警報機が設置されたものを、「水再生処理施設」と認定して、下水道と同等の施設であることをアピールし、水質と環境意識の向上に向けて取り組んでいます。
詳しくは岐阜県環境管理技術センターの「みず再生施設認定制度」をご参照ください。
岐阜県水再生施設認定制度

ブロワ停止警報機

ブロワ停止警報機

ブロワは浄化槽内に空気を送り込む、浄化槽の心臓部ともいえる重要な装置です。故障すると、短期間で水質が悪化し、悪臭が発生します。機械ですから部品の消耗もあり、寿命もあります。 今までは保守点検や法定検査で発見する都度修理していましたが、保守点検は4ヶ月に1回、法定検査は年1回のため、故障しても何日間もそのままで、悪臭がして始めて気付くこともありました。

このような事態を防ぐため、県下の保守点検業者、法定検査機関など関係機関の負担で警報装置の設置を進めています。
ブロワの方式等により、警報器が取り付けできないものもありますが、メーカーが開発を進めているため、近い将来、全てのブロワに警報器の取り付けができる見込みです。
警報が発生しましたら、当社までご連絡ください。また、業者に連絡した後は、警報器のコンセントを抜いておいてください。

ページの先頭へ戻る